男の人

改良費のムダ遣いを徹底回避|地盤調査で建物の安全性を確保しよう

依頼するなら

地盤改良

地盤調査を行って強度を知ろう

地盤調査とは、住宅などの建物を建築する前に地盤の性質や、強度などを把握しておくために必要な調査です。もしも、地盤が軟らかく、弱い土地にふさわしくない住宅を建設してしまった場合、その後地盤沈下や家の傾きといった大きなトラブルが発生してしまいます。2000年に建築基準法が改定されて、建築の際の地盤調査を行う必要性は直接明記はされていないのですが、地盤の強さを建築基準法で定められているので、調べておく必要性があるといわれています。また、マンションやビルといった大規模な建築の際は、ボーリング調査で地盤に穴を開けて精密な検査を行う必要があると制定されています。個人の一軒家などでは低価格で行えるSWS調査が、一般的に行われています。

SWS調査とはいったい

木造住宅を建築される際に一般的に利用されているSWS調査は、正式な名称は「スウェーデンサウンディング調査」といいます。先端がキリ状になっている機材を地面に差込み、25センチねじ込むのにどのくらいの力が必要だったかを測定する地盤調査の方法です。一回の調査は2万円ほどで行えます。土地に対して、4隅と中央で合わせて5箇所にSWS調査を行いますので、総額では8万円から10万円ほどの費用になります。ごく稀に地盤調査の際に、土の中にガラと呼ばれる地質とは関係ないものが当たってしまい、間違った計測を行ってしまうケースもあります。専門の測定士だと機材の音の変化で判断できますので、再度別の場所で計測を行います。